試聴する

雪恋

この曲の表示回数 54,560
歌手:

山本彩


作詞:

山本彩


作曲:

山本彩


何となくわかってたんだ
この場所にずっとはいられないこと
ため息で見上げた空 ひとひらの雪 冬の匂いがした

街は賑やかにきらめく
僕は記憶の中の君の笑顔探した

誰より君のこと わかったつもりで
当たり前にそばに居ると思っていた
僕の胸に刺さった矢は抜けないまま
痛み残し 冷めぬ熱を感じている 今でも

ずっと忘れられないんだ
君の声 繋いだ手の温もりも
睫毛に積もる結晶 涙すら流すこともできない

いつもと同じ帰り道
二人並ぶはずだった 足跡はひとつだけ

誰より君のこと ただ愛しかった
当たり前に同じ気持ちと思っていた
埋められない孤独は 行き場を無くして
ただひたすら 僕の心蝕んでいく 静かに

降り積もる想いは この雪に紛れ
やがて溶けて いっそすべて消えればいい
いつか いつの日か 歩き出せるかな
消えてくれない 君の熱を僕の胸に 残して
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:雪恋 歌手:山本彩

山本彩の新着情報

  • JOKER / ♪どれくらい経ったかな
  • Wings / ♪Hey 立ち止まっていた
  • 夢の声 / ♪空高く舞ったあの日の残像
  • Let's go crazy / ♪当たり前のように今日もまた
  • ゆびきり / ♪日常どこにでもきっかけは

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-10-26
商品番号:YRCS-95077
laugh out loud records

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP