想い初めさえしなければ

この曲の表示回数 1,801
歌手:


作詞:

小椋佳


作曲:

小椋佳・坂田美子


想い初めさえしなければ 紫草の姿して
深く浅くや濃く薄く もの思いなどせぬものを

あの人は今旅枕 いずれの土地か草枕
あの手枕を懐かしみ 一人空しき袖枕

片割れ月に胸ふと濡らし 花舞い散れば頬また濡らす
春は過ぎ夏闌(た)けて 秋は暮れ冬来るを
草木の色に知るばかり

まるでこの身は花筏 浮かれこがれて何処へ行(ゆ)く
あるいは夜の鳴門舟 逢えずこがれてうち沈む

風吹くと見て花が散る 花散ると見て風が吹く
恋に燃えれば涙落ち 涙落として恋に燃え

庭の夏草茂らば茂れ 訪れ人の無い家だもの
田子の浦波立たぬ 日はあれどあの人を
想う高波止む日無し

はるか昔も今の世も 絶えないものは曲者か
恋という名の曲者に 夜も眠れず取り憑かれ

恋しい人は旅枕 いずれの土地か草枕
あの手枕を懐かしみ 一人空しき袖枕
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:想い初めさえしなければ 歌手:小椋佳

小椋佳の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006-08-30
商品番号:GECN-5005
ゴッド・フィールド・エンタープライズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP