試聴する

薬屋さん

この曲の表示回数 572
歌手:


作詞:

鈴木慶一


作曲:

鈴木慶一


紫陽花の花が
六月の雨に濡れているよ
だから
窓を開けて
だから
窓を開けて
薬瓶から零れ落ちる
悲しい雨垂れ
一粒
あいつの噂 忘れるさ

朝顔の花が
七月の朝に揺れているよ
だから
手を伸ばして
だから
手を伸ばして
テニス・コートが燃えている朝に
陽気に唄う 伊太利の唄

薬屋さんよ
胸の痛みを運んでおくれ
さもないと薬箱が風に舞う

長椅子に凭れ
八月の声を聞く頃ともなると
ただ
齢をとるばかりで
ただ
齢をとるばかりで
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:薬屋さん 歌手:はちみつぱい

はちみつぱいの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2000-02-04
商品番号:KICS-8809
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP