試聴する

夏の扉

この曲の表示回数 8,408
歌手:

sora tob sakana


作詞:

照井順政


作曲:

照井順政


青い匂いが日差しを巻き込み
指の隙間をすり抜けていった

時間が止まった
君の瞳が燃えるように揺れて
キラキラしてる

夢の中で伝えられたはずの台詞が
足踏みしてる

いつも
君の声が その仕草が
僕の心を連れていった
まばたきの瞬間に 世界が変わって
僕の言葉 風に消えてく

夏の扉 もう二度とない
季節と微かに気が付いた
君が笑った ただそれだけ
見つめている
眩しい日差しが
夏の扉を開けて

もう少し経てば去年も遊んだ
一面咲いたひまわりのアーチ

屈んで進んだ
差し込む光がふいに君を照らし
キラキラしてた
目線を逸らして 友達気にして走り出す
臆病者を覚えてる?

風が強く吹き始めて
僕の言葉を連れていった
降り出した夕立を 浴びて煌いた
君を
君を
君を
君を
焼き付けていたい

君の声が その仕草が
僕の心を連れて行った
まばたきの瞬間に 世界が変わって
僕の言葉 そっと渡した

夏の扉 もう二度とない
季節と微かに気が付いた
君に触れた きっと全てが
変わっていく
眩しい日差しが
夏の扉を開けて
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夏の扉 歌手:sora tob sakana

sora tob sakanaの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-07-26
商品番号:FPJ-40004
ハピネット

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP