見上げてごらん夜の星を ~ぼくらのうた~

この曲の表示回数 81,122
歌手:


作詞:

永六輔・加詞:北川悠仁


作曲:

いずみたく・加曲:北川悠仁


遠い遠い空の下で 一人ぽっちに思えたら
そんなときには いつも思い出してほしい

誰の心の中にも 今も消えない唄がある
悲しいときは そっと 口ずさむ唄があった

見上げてごらん夜の星を
ボクらのように名もない星が
ささやかな幸せを祈ってる

手をつなごうボクと
追いかけよう夢を
二人なら (いつだって) ぼくらなら (君と)
苦しくなんかないさ

見上げてごらん夜の星を
小さな星の 小さな光が
ささやかな幸せをうたってる

だから泪をふいて くじけそうになっても
心の中にはいつも“ぼくらのうた”があるから

見上げてごらん夜の星を
ボクらのように名もない星が
ささやかな幸せを祈ってる

見上げてごらん夜の星を
小さな星の 小さな光が
ささやかな幸せをうたってる
ささやかな幸せを祈ってる
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:見上げてごらん夜の星を ~ぼくらのうた~ 歌手:ゆず

ゆずの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-07-25

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP