この曲の表示回数 12,882
歌手:

KEYTALK


作詞:

首藤義勝


作曲:

首藤義勝


高架下 東西にまたがる
鉄の音が耳をつく
いつしか雷鳴の火蓋に
瞼をこじあける

近づく大気圏は
小さい手のひらの中
儚い魔法

走り出す友の声は
柔らかな子守唄のよう
導くその先には
拙い争いと対象的な
勇敢な表情をしていた

どうかした 白日の合間に
育んできた心も
喧騒も大切な絆も
轟音に飲み込まれる

近づく大気圏は
小さい手のひらの中
悲しい模様
間近に迫る蜃気楼は
小さい手のひらの中
儚い魔法

走り出す友の声は
柔らかな子守唄のよう
導くその先には
拙い争いと対象的な
勇敢な表情をしていた
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:zero 歌手:KEYTALK

KEYTALKの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP