海鳴りのうた

この曲の表示回数 7,545

藍色の瞳で海を見つめる
彼女の頬を潮風が撫でる
もうこれ以上の悲しみは無いと
言い聞かせてきたつもりだったけど

幾つも押し寄せる波の音に怯え
私はこの耳を塞いでしまった

このまま海を渡って あの太陽の向こうへ
明日へ変わっていく日々から
逃げ出したくもなる
置いていかれそうな 渦の中で

帆を広げ進んでく船を見送った
「もうここで」と手を振り微笑む
ああ、これが夢ならば 抱えた思いも
この虚しさもいつか覚めるのだろうか

溶け出した氷に滴る水の様な
幸せが続きますように

それでも僕らはどうして
人を憎んでしまうだろうか
浅ましい心にナイフを突き立てたとしても

閉じ込められた扉の向こうで
彼女は膝を抱え蹲っていた
何を手にして 何を手放したか
このまま海へ呑まれてしまいたい

藍色の瞳で海を見つめる
彼女の頬を潮風が撫でる
もうこれ以上の悲しみはないと
言い聞かせてきたつもりだったけど

このまま海を渡って あの太陽の向こうへ
明日へ変わっていく日々から
逃げ出したくもなる

それでも僕らはこうして
日々を繋いでいくのだろう
浅ましい心が溺れて足を取られても
どうか 泳いでいけ 渦の中へ

渦の中へ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:海鳴りのうた 歌手:Halo at 四畳半

Halo at 四畳半の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-03-09
商品番号:DDCB-14041
SPACE SHOWER MUSIC

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP