試聴する

机上、綴る、思想

この曲の表示回数 52,557
歌手:

KANA-BOON


作詞:

谷口鮪


作曲:

谷口鮪


土砂降りの中、絵の具で描いたような
ドロドロの心情
汚れちまっても純情
吐瀉物の跡、残る土曜の早朝
そんなような心境で創り出す日々である

それでもまだ、それでもまだ這いつくばって
もう溢れる陽が鮮明
それでもまた、それでもまた愛してしまいそう
零れるメーデー

握った筆の先
かすれた文字で綴る 詩 感情

生みの痛みと君の産声は
どこへゆこうとも消えはしないようだ
それは苦しみ、それは喜び
そして心に輪をかけ野へと放す

それでもまだ、それでもまだ這いつくばって
もう溢れる陽が鮮明
それでもまた、それでもまた愛してしまうだろう
零れるメーデー

握った筆の先
かすれた文字で綴る 思想
終わりなどない日々め
机上 片肘ついて夜も朝もない
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:机上、綴る、思想 歌手:KANA-BOON

KANA-BOONの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-02-17
商品番号:KSCL-2690
KRE

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP