メルボルン特急

この曲の表示回数 9,866
歌手:

松尾雄史


作詞:

板橋雅弘


作曲:

水森英夫


流れる雲の 影追い越して
風になるのさ 荒野の風に
許すことなく 忘れておくれ
つづく線路は オーストラリア
別れの言葉 汽笛に変えて
走り始めた メルボルン特急

あの頃見てた 夢など捨てて
ひとりぼっちを どこへと運ぶ
憎んでもいい しあわせになれ
季節なくした 砂漠の大地
夕陽が沈む その先目指し
走りつづける メルボルン特急

十字の星を 夜空ににらみ
祈る言葉も 浮かびはしない
痛みもすぐに 思い出になる
なにが待つのか 最果ての闇
くすぶる愛に さらばと叫び
走り去るのさ メルボルン特急
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:メルボルン特急 歌手:松尾雄史

松尾雄史の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP