みそら

この曲の表示回数 35,098
歌手:


作詞:

北川悠仁


作曲:

北川悠仁


君と歩く 川添いの道を
橋を渡り 見上げた月明かり

夜を越えて朝陽は来る 全てを迷う事なく照らし
人も街も悲しみさえ 新たに生まれ変わり続ける

大丈夫 僕らなら どんな困難も乗り越えてゆける
少しだけ強がって こんなもんかよって笑い飛ばそう
こぼれた涙を拭って

長い坂を (幼い頃) 息きらしかけ登る (思い出す)
掴めそうな (手を伸ばした) 白い雲追いかけて

あまりにまぶしい光は 心の痛み見透かすようで
声にならない声はまた 誰にも届かず消えてゆくの

上手に生きれたら 僕らこんなにも傷つかないかな
少しだけこのままで 君のそばにいさせて

指切りしよう また会う約束 もう一人では生きられない

夕暮れの色は様々 人々の想い映し暮れてゆく
温かな灯(あかり)はともる いつまでも君を見つけられるように

大丈夫 僕らなら どんな困難も乗り越えてゆける
少しだけ強がって こんなもんかよって笑い飛ばそう
ごらんよ美しい空を こぼれた涙を拭って
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:みそら 歌手:ゆず

ゆずの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-01-13
商品番号:SNCC-86930
トイズファクトリー

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP