試聴する

水路

この曲の表示回数 18,962
歌手:


作詞:

稲葉浩志


作曲:

稲葉浩志


Long time ago
この小径沿いに
水の流れがあったという
緑溢れ木陰は黒い宇宙
ポケットの中手をつないだ

一時の安らぎに身を任せて
どこまでも溺れてしまえば

流れるこの時がもう二度と
戻ってこないなんて
思わないだろう
一寸先の光
それもすぐ思い出になる
過去を変えたいなら今を重ねるしかない

Long time ago
この先のどこか
命を捨てた人がいたという
自分の中潜む獣に
飲み込まれてしまうのか

掴みきれぬ不安に身をこわばらせ
目を閉じて耳を塞げば

流れるこの時を綺麗なままで
止めてしまえるなんて
哀しい勘違い
見知らぬ世界へ
放り出されてみればいい
明日を手繰り寄せる今を始めるしかない

流れるこの時が見えなくなって
消えてしまっても
誰にも奪えない
見知らぬ世界へ
放り出されてみればいい
明日を手繰り寄せる今を始めるしかない
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:水路 歌手:稲葉浩志

稲葉浩志の新着情報

  • YELLOW / ♪むせかえるような砂浜で
  •  / ♪乾いた冷たい風針のように
  • Symphony #9 / ♪止まない symphony
  • BLEED / ♪痛いくらいによくわかっている
  • ジミーの朝 / ♪朝一番に浜にやってきて

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-01-13
商品番号:BMCV-4018
バーミリオンレコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP