試聴する

deadman

この曲の表示回数 4,956
歌手:


作詞:

三島想平


作曲:

cinema staff


動き出した夜の速度が僕を追い抜いて、あさっての方へ。
下を向く僕はつまづいた。靴紐がほどけ膝を擦りむいた。
傷口に砂を塗り込めば、びりびりと伝わる痛みが僕を刺す。

身体と心はばらばらだ。剥き出しのままでなんとか生きていた。
僕達は人である前に只の器に過ぎぬなんて誰が言った?

闇の中で笑ってるあいつは100ぺん蘇るのさ。
さらば神様。血が揺れて凍りつくまで。

気づかないふりをして奴らはまだ笑ってる。
色の無い目を開けて街に蔓延る。
青色の鳥はいつに鳴くのだろう?

闇の中で笑ってるあいつは100ぺん蘇るのさ。
さらば神様。血が揺れて凍りつくまで。
新しい火が燃えている。あいつはどうやら眠ったみたいだ。
さらば神よ。次の世でまた会う日まで。
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:deadman 歌手:cinema staff

cinema staffの新着情報

  • 熱源 / ♪いつかどこかでそのうち
  • pulse / ♪そう壊した積み上げた予防線
  • souvenir / ♪長い通りを抜け四つ角を左へ
  • メーヴェの帰還 / ♪少女は言うほら間違えた
  • 波動 / ♪夢の中あなたの声

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015-12-16
商品番号:PCCA-4338
ポニーキャニオン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP