試聴する

旅の午後

この曲の表示回数 5,863
歌手:


作詞:

大久保一久


作曲:

大久保一久


今年もこの町へあなたをつれ僕は来た
駅前の古ぼけた宿の手すりにあなたは凭れ
そしてあなたのやわらかな耳朶に
午後の陽ざしが透き徹ってとてもきれいにみえる
一年前よりもあなたは大人になった

行きかう人達の挨拶ふと耳にする
小さなこの町も人の心にやさしさがある
そしてあなたがその長い黒髪を
指でとかして恥らう仕草はいつもとちがう
いつまでもこの時を心にとめていてくれ

そして幾たびか季節がくり返し
今度この町おとずれた時に変わっていても
そのときもあなただけ変わらず愛していたい
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:旅の午後 歌手:風

の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2000-09-21
商品番号:CRCP-28131
日本クラウン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP