渋谷川

この曲の表示回数 4,088
歌手:


作詞:

伊勢正三


作曲:

伊勢正三


どこまでも どこまでも青い海を
あなたと二人見つめてた
あの頃はお互いの未来を語り そして今がその時

初めて「渋谷駅」に降りた日の
そこから送った写メールが
まさか海を越え 届くあなたへの「サヨナラ」とは知らずに

二人の他には 風に揺れるウージと白い雲‥今は遠い夏
潮風に少し錆びた自転車
砂浜では押しながら歩いた日も ‥幻 Wo-

いつまでも 途切れずに続く人波
一人で泣ける場所もない
ビルの谷間の狭い空には 窮屈そうな「月」

コンクリートの川の名前は
100年前の渋谷川
憩いとさみしさが同じ空気の都会の片隅

私の涙をその川に落とせば 東京湾に流れるかな?
二人がこんなに離れてしまっても
海はそこまで繋がっているんでしょう ‥あの日に Wo-

ふと声が聴こえた そんな気がして
振り向けば 灯り滲むだけ

夕暮れの街は さみしさをまといながら なぜかあなたの笑顔が浮かぶ
もう少しここで頑張ってみるから
いつも私を励ましてくれたあなたに ‥ありがとう Wo-
‥そして‥サヨナラ
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:渋谷川 歌手:やなわらばー

やなわらばーの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015-11-04
商品番号:CRCP-40434
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP