置き手紙

この曲の表示回数 5,149
歌手:

麻生よう子


作詞:

千家和也


作曲:

都倉俊一


枕もとに置いた 白い置手紙
あなたどんな顔で 読むでしょう
理由も言わないで 着のみ着のままで
部屋を飛び出した 私です
あなたは心あたり
いろいろと捜すでしょう
しばらく身をかくして
考えたいのあれこれと
離ればなれ恋しくて
逢いたいのは本音だけど
ふたりとも愛について
ふと考えてみる
必要があるのよ―。

病気ですと書いた 白い置手紙
あなたみずくさいと 怒るでしょう
何の不足もなく 愛されることが
とっても怖かった 私です
最初で最後でしょう
わがまま振舞いは
私をあきらめたら
誰かいいひとみつけてね
身を切るほど恋しくて
泣きたいのはやまやまでも
ふたりとも愛について
ふと考えてみる
必要があるのよ―。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:置き手紙 歌手:麻生よう子

麻生よう子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-05-21
商品番号:SRCL-2878
ソニー・ミュージックレコーズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP