試聴する

AGAIN

この曲の表示回数 30,075
歌手:


作詞:

新藤晴一


作曲:

新藤晴一


国道沿い 冷えた公園の 薄い乳色の朝もや
体の芯に残っている 痺れが脈打つ

昇る太陽が静寂(しじま)を焼き尽くす前に
行かなきゃ 影を慕いて歩いては どこまで

夜ごと君に話していた約束は今も果たせず
痛みに姿を変えて尚 AGAIN AGAIN

ダメになってゆくのを見られるのは辛い
今さら 僕を覚えていなければ いいけど

遥かな昔 海に沈んだ架空の街の地図で 旅をしているみたい
そこにあったはずの景色は変わり 僕は泣いているんだ AGAIN AGAIN

君はあの時 黙って頷いてくれた
行かなきゃ 君がそれを覚えてたら 行かなきゃ

本当のこと言うよ 時間と共に 地図は掠れていって 今では読めもしない
そこに何があったか 思い出せなくて 僕は泣いているんだ AGAIN AGAIN

国道沿い 見慣れたコンビニ トラックが巨体を震わせて
僕のすぐそばを走り去ってく AGAIN AGAIN
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:AGAIN 歌手:ポルノグラフィティ

ポルノグラフィティの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015-08-19
商品番号:SECL-1751
SME

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP