タクシーと指輪とレストラン

この曲の表示回数 2,990
歌手:

加藤和彦


作詞:

安井かすみ


作曲:

加藤和彦


あれは君の 誕生日で
雨さえ 降り出してた
僕はまた タクシーを
拾おうと 駆け出してた

手をあげても 止まらない 夕暮れどき
少し風邪をひいてた
君が気がかり
レインコートを肩から かぶせて 抱きしめた…

あの店は まだあるよ
古びた ガラス窓で
ためらいがちな君を
無理矢理 ドアの中へ

鈍く光る 棚の隅で 見つけ出した
模造真珠の指輪
君の細い指
するりと抜けて笑った 小さな贈りもの…

友だちから きいてきた
流行りの そのレストラン
満員で断わられ
途方に暮れた僕に

「歩きましょう」と からませた 指と指に
あの頃は いつでも
ふたりの愛が
優しく 往ったり来たり 若い日の思い出…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:タクシーと指輪とレストラン 歌手:加藤和彦

加藤和彦の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1991-05-15
商品番号:SRCL-1843
ソニー・ミュージックレコーズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP