Voyager

この曲の表示回数 25,305
歌手:

浅田信一


作詞:

浅田信一


作曲:

浅田信一


いずれ僕らが灰になっても
生きた証は残るはずさ

風の絵具に頬を染めて
昇る朝日を待ちこがれて

月の孤独に身を重ねて
星の遠さに耳澄まして

やがて僕らが消えてしまっても
君を愛した想いは消せやしないさ

変わる光の中 暦河の如く
振り向けば ああ静かに横たわる

渦巻く銀河の息吹に肌身晒しながら
仰げば美しき無限なる海原よ

ただただ僕らは何処に行くのだろう

悲しいことが不意にあっても
けして負けない力が欲しい

いつか声なく熱が冷めても
君を求めた季節を無駄にしないさ

古い樹の梢に 証刻むように
色褪せた 夢今も忘れ難き

尊い命の重さを秤にかけながら
想えば愛おしき生まれ来る子供らよ

ただただお前は道を探すだろう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Voyager 歌手:浅田信一

浅田信一の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-02-18
商品番号:WPCL-10071
ワーナーミュージック・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP