ひとは誰でも

この曲の表示回数 3,155
歌手:

渥美清


作詞:

杉けんいち


作曲:

杉けんいち


春の海を みていると
思い出します 母さんの
さがった肩と 丸いメガネ
弱そで強い 母さんを
ちっぽけな アパートで
独り暮らして いるからかナァ
ひとは誰でも そうじゃないのかナァ

雨が降る日の 昼さがり
色とりどりに 写しだす
行き交う人も 多いのに
淋しい事を 知りました
弟や妹を
うらんだりも するけれど
ひとは誰でも そうじゃないのかナァ

星をみつめて しょんぼりと
夜更けの都会の 裏通り
風もないのに ひんやりと
思い出ばかりが 吹きぬける
いつの日か 僕だって
よろこばせるんだ 母さんを
ひとは誰でも そうじゃないのかナァ
ひとは誰でも そうじゃないのかナァ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ひとは誰でも 歌手:渥美清

渥美清の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-11-21
商品番号:CRCN-40240
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP