鳥兎怱怱

この曲の表示回数 8,567
歌手:

SAKANAMON


作詞:

藤森元生


作曲:

藤森元生


瞼に浮かべる過ぎ去った日々は
色褪せた花を滴る露の間

流離う命の歩む小道は
水面に揺蕩う枯葉の行方よ

解けた裾から思い出が
ハラホロヒレハレ零れて

流れる時の隙間に引き摺り落ちた侭
何時かは忘れられてしまうなら

言の葉を紡ぎ描くよ
例えばこの刹那を

憶えていられるのかな

真っ赤な夕陽が
セピアに染まってく

真っ青な空が
モノクロに染まってく

目の前を見ればほら
色めく時代其処に在って

轍をなぞっても無駄
仮初めの別時空世界

忽ち僅かな思い出が
ハラホロヒレハレ

時の明かりが照らし開いた花
何時かは萎れ朽ちてしまうから

言の葉を紡ぎ描くが
描いた事でさえも
忘れてしまうのだから
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:鳥兎怱怱 歌手:SAKANAMON

SAKANAMONの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015-04-15
商品番号:VICL-64336
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP