試聴する

大久保のおばあちゃん

この曲の表示回数 6,623
歌手:

アルカラ


作詞:


作曲:


3階のばあちゃんが 時々言うことニヤ
「子供を見て笑うな」と歩いて来た道だから

3階のばあちゃんが 更にこうも言う
「老人の事をけなすな」と歩いて行く道だから

誰か泣いている都会の雨の中
誰かじゃ分からない
ああ、花いちもんめ

3階はいつからか 若い夫婦が住み
甲高い声を上げては 浮き世の憂さを晴らして

そばで泣いてやる都会の雨の中
誰に渡せばいい
ああ、花いちもんめ

布引きの滝で 水飛沫こぼれて落ちてく
街を見下ろして 泣きたいのは僕かも知れない

誰か叫んでいる都会の雨の中
誰かじゃ分からない
ああ、花いちもんめ

誰かじゃ分かりません
なんで ばあちゃんのようにはっきり言えやしないのかな
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:大久保のおばあちゃん 歌手:アルカラ

アルカラの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-12-08
商品番号:PECF-7001
ブルースインターアクションズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP