試聴する

家に帰ろう

この曲の表示回数 63,334
歌手:

ケツメイシ


作詞:

ケツメイシ


作曲:

ケツメイシ


久しぶりに見る ドアのカギ穴 擦れた跡が増えていったほどの
時は流れ 解き放て 過去が詰まってる 親が待ってる
俺が育ったルーツのかけら 拾い集めるほどの宝
久しぶりに眺めに来た 俺はここで育ってきた

色あせたソファーのとなりは 立てかけたギターがそのまま
変わらずに 相変わらずに ホコリをかぶったままの姿
捨てたはずの あのポスターの 俺の部屋のカベに残した跡
指でなぞり 指折り数えてた 一人暮らし憧れた部屋
今では母の手も加わり 見慣れないカーテンを開き
懐かしい香り 懐かしい景色 窓の外 空見上げたびたび
吸ったタバコ 親にナイショで 隠したアルミ製の灰皿も
隠した場所にそのまま 俺の帰りを待つよう 置いたままに

家に帰ろう 俺のルーツ残した部屋に
会いに行こう 俺を育て守った家に

行ったり来たりの実家はいつか いつでもいけるさと足が遠のいた
のんびり暮らす なんて隠居暮らし始めて
俺は俺でこっち毎夜 仕事まみれで
ますます会う機会すらもなく だが心配はいらね 俺自身磨きツヤをだす
いつしか俺も酒を飲める年になって 久しぶりに会って
語ったり わかりあってたっけ?
やっぱ俺の 戻るところは ここなんだろう
ベランダの花々はいまだ変わらないが
俺のベッド 机は今はどこかへ
じゅうたんのへこみだけが それ覚えてる
鳥のいない 鳥かごは 部屋のスミに置かれ
窓の外の景色 建ち並ぶビルに 呑まれ
変わってゆく 少しずつ それは俺わかっているが
空気 匂い 気持ちは 何も変わらない

遠い空の下 吹く風が優しくて 今
思い出の日々や 懐かしい声がこだまする

何も変わらない生活は幸せか? 答えが出ないまま時流れた
勢いか憧れか 少し大人びた俺 家を出た
何もわからずただ進む そんな日々がこの町を包む
新しい家具に囲まれ 疲れた顔写す 窓の外 夢続く
「ただいま」久しぶりに響いた 廊下の床 変わらずきしんだ
「おかえり」と父と母 また太った犬の「ハナ」
今では 気兼ねなく 話せる親からも逃げてた
少し片付けられた部屋では くすんだ白い天井見上げた
寝ころんだベッドの下 埃かぶったアルバムが出てきた
そして秘密の宝箱 今じゃガラクタもあの頃の夢のあと
きれいな貝殻 ラムネの玉 ギザ十に鳴らないオルゴール
遠くになる音色 運ぶただの木の箱も 懐かしい風を呼ぶ

家に帰ろう 俺のルーツ残した部屋に
会いに行こう 俺を育て守った家に
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:家に帰ろう 歌手:ケツメイシ

ケツメイシの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-10-01
商品番号:TFCC-86133
トイズファクトリー

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP