試聴する

PLATINUMの雨

この曲の表示回数 2,897
歌手:


作詞:

吉田美奈子


作曲:

角松敏生


その長い髪を解いて僕に魅せておくれ
自然にしていて 美しい嫋やかな絹の髪は
微笑む瞳見るたびやさしくなるんだ
僕の心の中
街にはすべての恋に潜んだ悲しみが溢れているね
でも この愛までは壊せるはずがない
僕が守っている愛だから

窓に拡がった素敵な夜のイルミネーション
夜はいつもクリスマス 祈りの様に瞬いては滲む
時は二人の夜を急に深くする
少し淋しいけど
おやすみ 僕の腕に包まれて 恋人よ夜明けが来ても
僕は君を見つめていたい
1秒も失いたくない愛だから

微かに足音忍ばせながら降り出した夜明け前の雨
今 夢の扉 開けかけた この愛をさまさないで
プラチナの雨
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:PLATINUMの雨 歌手:西城秀樹

西城秀樹の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015-01-14
商品番号:MHCL-2496
ソニー・ミュージックダイレクト

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP