白い砂漠のマーチ

この曲の表示回数 6,174
歌手:


作詞:

三島想平


作曲:

cinema staff


記憶に無い小屋に少し残るにおい、嗅いでいた。
声を潜め隠れよう、闇の中へ。
傘が無い。外にはまだ出られぬまま。
母さんはもう僕の事を覚えていない、なんて考えていた。
道化師の様に笑っていたい。贖罪の床に、ランタンの火が落ちた。
夢なら醒めないで、干渉をやめないで。
もう元には戻れないって、鐘がきこえる。
赤い衣装、濡れたままで火の輪をくぐる。
少年は、もう家には帰らないと、嫌いだと考えていた。毎日の様に。
冷え込んでいた3月みたいに、簡単に手がふれた。
夢なら醒めないで、足あとは消さないで。
もうここには戻れないって、鐘は教える。
白い砂漠をサーカスはひたすら進み、
きみは象にまたがって細胞の数を数えていた。
ああ、夢なら醒めないで、干渉をやめないで。
もう元には戻らないって、鐘が聞こえるはずさ。
ああ、長い夢は醒める。僕たちは透けていく。
「またいつか遊ぼうね」って。
鐘が聞こえる。
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:白い砂漠のマーチ 歌手:cinema staff

cinema staffの新着情報

  • 熱源 / ♪いつかどこかでそのうち
  • pulse / ♪そう壊した積み上げた予防線
  • souvenir / ♪長い通りを抜け四つ角を左へ
  • メーヴェの帰還 / ♪少女は言うほら間違えた
  • 波動 / ♪夢の中あなたの声

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011-06-01
商品番号:ZNR-108
残響record

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP