super throw

この曲の表示回数 4,483
歌手:

cinema staff


作詞:

三島想平


作曲:

cinema staff


哲学者がドアを叩く。細い声帯を震わせ、「死んだら始まるよ。」
訳の分からない服を着て訳の分からない言葉で僕らの有限性を問う。
正方形のこの部屋。褐色の救命道具。無重力のまま真っ暗闇さ。
さかさま重なる様。いかさま、数かぞえる。
哲学者はドアを閉める。長い首を捻りながら、「死んだら始まるの?」
質疑応答の中、目は虚ろ。終わりを見てしまった開かずの間。
さかさま重なる様。いかさま、数かぞえる。もう誰の五体も満足じゃない。
科学が想像を超えていく。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:super throw 歌手:cinema staff

cinema staffの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011-06-01
商品番号:ZNR-108
残響record

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP