cockpit

この曲の表示回数 3,781
歌手:

cinema staff


作詞:

三島想平


作曲:

cinema staff


トーチライトが送り火みたいに輝く。
大量の狂った端末たちのお出ましさ。
シートベルトに染みついた僕らのイエス、オア、ノー。
それはすぐエンジンの音にかき消されるのだった。
今宵は生きてるふりで、あいつを起こしてみたい。
何かの間違いだったと信じ込ませて欲しい。
ヴァーラインはいつでも僕らに優しい。
それはすぐエンジンの音を塗り替えていくのだ。
今宵はかぼちゃの馬車を探しに行くのもいいね。
密かな欲望を背に操縦棹を握る。
誰も聞こえない声で、誰も分からないようにして、1、2、3、4。
「我ら、賽は投げられた!」眠り姫、よだれを垂らしていた。
いま行くからね!
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:cockpit 歌手:cinema staff

cinema staffの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011-06-01
商品番号:ZNR-108
残響record

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP