試聴する

どうやら

この曲の表示回数 3,217
歌手:


作詞:

三島想平


作曲:

cinema staff


格子越しに眺めたカラスの死骸。それはいつも、寂しい記憶を犯す。
罪を重ねた略奪者みたいさ。声は届かない。叫んでも叫んでも届かない。
孔子は声を荒げ、「汗をかけ」と説く。
それはいつも、切ない憂いに満ちて。酒に呑まれた密告者みたいさ。
決してしたくない、等価値の取引はしたくない。
高い坂を登った。呼吸は乱れ。隣の住人が怒鳴って愛を唱えてる。
「どうやら僕らだけがひどい目に遭うらしい…」
そうして大きな間違いを運命は辿る。
「どうやら僕らだけに視界は備わった!」
「どうやら僕らだけは世界に還るらしい!」
「どうやら僕らだけが間違いに気付いた!」
声は届かない。
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:どうやら 歌手:cinema staff

cinema staffの新着情報

  • 熱源 / ♪いつかどこかでそのうち
  • pulse / ♪そう壊した積み上げた予防線
  • souvenir / ♪長い通りを抜け四つ角を左へ
  • メーヴェの帰還 / ♪少女は言うほら間違えた
  • 波動 / ♪夢の中あなたの声

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011-06-01
商品番号:ZNR-108
残響record

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP