試聴する

ストラクチャー

この曲の表示回数 21,448
歌手:

KEYTALK


作詞:

首藤義勝


作曲:

首藤義勝


春の夜 湿った風が吹いている
絡まり出した 公園脇の神経回路

生きている ネコはどこかで鳴いている
誰が壊した あの子の神経回路

どこか分からなくて 消えていくもの
消えていなくなって

探していた 雲のうえ
騒ぎ出した 感触の向こう
遠く 聞こえる声
さらっていった 夜の夢
朝を待って 絶え間なく僕ら
笑って 背を伸ばしている

春の夜 雨はとうに上がっている
絡まり出した 誰かの体温も

生きている カバンの奥の感触も
わかっているよ あの子の神経回路

探していた 雲のうえ
声に出した 感覚の向こう
いつか 聞こえるまで
さらっていった 夜の夢
夜になって 何日も過ぎて
世界を 忘れていくよ

だけど 時間は過ぎて
眠たくなって 目を閉じる僕ら
ブランコが さらって行くよ
この春の夜が 死んでくさまを

探していた 雲のうえ
騒ぎ出した 感触の向こう
遠く 聞こえる声
さらっていった 夜の夢
朝を待って 絶え間なく僕ら
笑って 背を伸ばしているよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ストラクチャー 歌手:KEYTALK

KEYTALKの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011-11-09
商品番号:KOCA-68
Groovie Drunker Records

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP