桜が燃える夜

この曲の表示回数 3,273
歌手:

白竜


作詞:

森雪之丞


作曲:

中崎英也


この夜が 最後になると
君はまだ 知らない
抱くたびに 溶かした愛が
せつなさに 濡れても

何度も夢みて 何度も泣かせた
これ以上君を 迷わせちゃいけない

妖しく 夜桜が燃える
胸を焦がす 火の様に
悲しい 恋はなぜ人を
愚かなほど 狂わせるのか

朧月(おぼろづき) 照らした君の
唇が 愛しい

月日が過ぎても 消せない想いは
春が来るたびに 花を咲かせるだろう

激しく 夜桜が燃える
闇に愛を 焼き付けて
二人が ささやいた秘密
心深く 今沈めよう

妖しく 夜桜が燃える
胸を焦がす 火の様に
悲しい 恋はなぜ人を
愚かなほど 狂わせるのか
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:桜が燃える夜 歌手:白竜

白竜の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-06-21
商品番号:MRCA-10028
メディアレモラス

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP