試聴する

アジサイレイン

この曲の表示回数 4,466
歌手:

オトループ


作詞:

纐纈悠輔


作曲:

纐纈悠輔


ただ君といる それだけで僕は 心から幸せだった
ただ君と 笑い合えれば ありふれた日々も特別だった
紫陽花の咲く季節に はじまった僕ら二人は
目と目が合えば微笑んで 恋はシンプルに 恋だった

相合傘 照れながら 右手と左手で持って
隣の君濡れないように 7:3のバランスで
雨の日が嫌いじゃないって 初めて想えたんだ
瞼を閉じれば あざやかに 蘇る

どんな価値観のズレも 擦り合わせられると信じてた
ぶつかり合うことがあっても 通り雨のようなものだって
でもかわいかった小さなわがままも だんだんと笑えなくなって
僕らの間に横たわる溝が深くなっていった

はじまりの優しさを 何とか取り戻したくて
思い出の扉を開け 必死で手を伸ばすよ
その度に何度も思い知らされる
あの日の二人 今の僕らと違うんだと

紫陽花は 枯れてもなお 散り落ちることもなく
僕らのように 最後まで季節にしがみついてる
なぜ気持ちは 移ろって 色彩も変わりゆくの
君を愛した あの日々を ひとり噛み締めながら
僕らの恋も もう そろそろ 終わりにしようか

雨の季節も終わるよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:アジサイレイン 歌手:オトループ

オトループの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2014-10-29
商品番号:BZCS-1111
ROCKBELL records

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP