Shine

この曲の表示回数 20,305

ねぇ、憶えてる? 宙(そら)を見上げて
夜明けまで しゃべり続けた海
流星(ほし)を数えて
願いをかけていた夏の終わり

そう、想い出は 瞬く光
儚くて せつなくなるけれど
千の言葉の カケラたちが
いまもまだ この胸にきらめいている

あれからいくつの 夜を超えてきたのだろう
気づいたら ここにいたけれど
また会える日には 変わらない笑顔でいたいと
そう思う 素直な心が輝き出す

指の隙間を零れて落ちる
夢はあの白い砂のようで
あきらめかけた 何度となく
けれどまだ現実に負けたりしない

あれからいくつの 夜を越えてきたのだろう
少しだけ 胸を張れるかな
遠く離れても この思い伝えられるなら
飾らない 素直な瞳をなくさないで

人は誰でも想い出に 守られて生きているから
いまこの瞬間も未来の 希望へとつないでいくの

これからいくつの 夜を越えていくのだろう
いまどこで どうしてるのかな
たとえ離れても ひたむきなあの日のすべては
いつまでも きっと、いつまでも輝いてる

あれからいくつの 夜を超えてきたのだろう
気づいたら ここにいたけれど
また会える日には 変わらない笑顔でいたいと
そう思う 素直な心が輝き出す
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Shine 歌手:片瀬那奈

片瀬那奈の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-05-28
商品番号:AVCD-30449
エイベックス・トラックス

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP