夢千代日記

この曲の表示回数 9,227
歌手:

吉永小百合


作詞:

早坂暁


作曲:

吉田正


トンネルを一つくぐれば もう鉛色
空の下には 海鳴りばかり聞こえてきます
雪は音なく 降ってます
ここは淋しい なぜか淋しい
誰か 明るい花挿して
道連れが欲しい 欲しい…

零下三度 北の風
夜になって また雪
独りで歩けと おっしゃれば
そうもしますが
雪は深く
冬はあまりに 長いのです
山の向うは 今日も晴れとか

春来(はるき)川に雪が流れて もう春ですね
明日(あした)信じて 橋のたもとで待っていた
今年も桜 咲きますか
なのに淋しい なぜか淋しい
誰か私を 抱きしめて
道連れが欲しい あなたが…

私の命は もうわずか
北の風 まだ強く吹く
一日中 海鳴りばかり
春がくれば 春がくればと
一日を命刻むように 生きています
ああ 誰かが 私を呼んでいます

今年も桜 咲きますか
なのに淋しい なぜか淋しい
誰か私を 抱きしめて
道連れが欲しい あなたが…

山の向うは 今日も晴
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夢千代日記 歌手:吉永小百合

吉永小百合の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999-07-07
商品番号:VICL-41055
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP