恋と友情

この曲の表示回数 4,435
歌手:

伊勢大貴


作詞:

只野菜摘


作曲:

羽岡佳


恋と友情と どちらをとるか
答えにしたのは おまえのほうだった
同じひとのこと 愛したための
闘い、いやだと 願いを残して
西風吹き抜ける おまえはどこの街へ
あの日から姿を隠して 友情選んだ
遠く離れて 今も消えない

傍らで眠る 愛しいひとを
大事にしろよと 聴こえた気がする
夢をみる背中 小鳥のようだ
おまえのぶんまで 守ってみせるさ
遥かな空の下 何を考えている
こっちで幸せになったと 声が聴きたい
いつか笑って 会いに来てくれ

遥かな空の下 何を考えている
こっちで幸せになったと 声が聴きたい
いつか笑って 会いに来てくれ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:恋と友情 歌手:伊勢大貴

伊勢大貴の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2014-09-10
商品番号:COZX-960
日本コロムビア

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP