一徹

この曲の表示回数 9,383
歌手:

天草二郎


作詞:

水木れいじ


作曲:

船村徹


やる気ひとつで 故郷(ふるさと)あとに
あれから数えて ふたむかし
どんな時でも あきらめるなよ
何(なん)にも言わずに 背中でさとす…
おやじの懐(ふところ) 一徹と
今さら知って 泣ける酒

惚れた女に 惚れたといえぬ
不器用なんだよ この俺は
恋も半端な 半人前か
それでもいいんだ せつない夜は…
おやじがギターで 爪弾(ひい)ていた
艶歌(えんか)をポツリ くちずさむ

我慢かさねて 男になって
かならずいつかは 恩返し
遠い天草 あの潮騒よ
のぞみを果たして いつの日帰る…
おやじを手本に 一徹に
生きると決めて あおる酒
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:一徹 歌手:天草二郎

天草二郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2014-06-04
商品番号:CRCN-1798
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP