エクストリーム・マシーン

この曲の表示回数 2,790
歌手:

彩冷える


作詞:

彩冷える


作曲:

彩冷える


ただ、錠剤の隅にまで 補うべき成分求めても
ただ、明けない夜の裏側で 速度を 嗚呼 上げてみても

「足りないのは本当に君なんだ」って僕は足掻く虫

欠けた爪 掛かり残るのは 壊れることのなき温い赤
躊躇なく噛んでしまうは 落ち着かない時の癖
「靴舐めろ」と仰け反る青 讃え罪を重ねることなど容易い
でも 届かない

ただ、明日を変える何かを水溜まりに沈め探しても

何度切り裂いてみても君の体温だけは五月蝿く喚く

欠けた月 集り揺らすは 照らされることなき 古い浴槽
皮膚を波立たせ揺らすは 君と僕の供水浴
踏み外して落ちた坩堝に
差し出された汚れた手が消えるまで
異端であれ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:エクストリーム・マシーン 歌手:彩冷える

彩冷えるの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP