試聴する

dawnrider

この曲の表示回数 9,835
歌手:

cinema staff


作詞:

三島想平


作曲:

cinema staff


裸足のままの少年は涙を拭いて もう少ししたら変われると思っていた
孤独に種類があるのなら まだましな方だと思っていた

扉の向こう側には朝が待っているというのかい
今は少しでもいい 光の中へ

使い古された残像に手を伸ばして
出来もしないような約束を思い出していた
なんて美しきこの世界 なんて汚いこの世界

どれだけ分かり合えたら 刃をしまっていいんだろう
いつかは顔を見合わせて笑い合えるのだろうか 光よ

剥き出しの心臓は誇りに満ちたままで
痛む足を引きずって尚もまだ進むんだ
少しでもいい 光の中へ

扉の向こう側には朝が待っているのだろう
刃をしまう時には笑いあえているのだろう

僕ら 腰を上げて 光の中へ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:dawnrider 歌手:cinema staff

cinema staffの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2014-04-02
商品番号:PCCA-4009
ポニーキャニオン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP