試聴する

花化粧

この曲の表示回数 8,480
歌手:


作詞:

小椋佳


作曲:

星勝


思い出を訪ねる人の
苦しまぎれの愛の詩
今年又少なくなった渡り鳥
もう誰一人 春の小人の雪踏む音に
気付きもしないけれど
あぁ 冬の終りに
あぁ めぐる季節に
何かを待ちながら
少女の日のように 少女の日のように
春の野をかけてみようかと

意味もなく指折る人の
数えるものを啄んで
今年又名もない鳥が飛んでゆく
もう誰一人 舞いそびれてる雪の白さに
気付きもしないけれど
あぁ 冬の終りに
あぁ めぐる季節に
何かを待ちながら
少女の日のように 少女の日のように
花化粧つけてみようかと
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:花化粧 歌手:小椋佳

小椋佳の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-12-01
商品番号:POCH-1435
ポリドール

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP