試聴する

訪問者

この曲の表示回数 7,682
歌手:

SAKANAMON


作詞:

藤森元生


作曲:

藤森元生


オレンジ色の光が身体を纏って
謎だった筈の未知が其処等に集って
何かを探ってんだ

攫って縛って触って弄くって
拭き取ってぶち込んで
一体何してんだ 知る由は無いから

馬鹿だった筈の意義が今走馬灯して
(※訳不可能語句)
もう意味分かんねぇなぁ 不条理に嵌ったんだ

狙って打ち抜いて変わって可愛くて
理不尽な恋で酒にする様な
奴等が誰かなんて訊くまでも無いから

半透明の目玉に写る景色は如何程奇麗だ
曖昧な不可思議に酔って
無重力の狭間に酔って絶滅寸前だ

もう奴らの目論見は終えていたんだ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:訪問者 歌手:SAKANAMON

SAKANAMONの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2014-02-05
商品番号:VICL-64108
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP