試聴する

青空カフェ

この曲の表示回数 21,381
歌手:

AKB48


作詞:

秋元康


作曲:

藤本貴則


揺れる木漏れ日
夏の石段
二段跳びして
走って登った

髪も濡れてる
プールの帰りに
待ち合わせした
小さな神社

クラスメイトには秘密にして
わざと遠い回り道が
私たちの恋の予感

青空カフェでもっと話そう
缶コーヒーを そう飲みながら
緑の風に吹かれていよう
蝉の声さえ忘れるくらい
心を許した
時間の魔法

沈む夕陽に
山は濃くなり
別の世界に
2人はいるのね

楽しかったと
見つめた瞬間
鳥が一斉に
今 飛び立った

友達でいれば学校でも
意識せずに会えるけれど
これから先 どうすればいい?

青空カフェでキスはできない
誰かにきっと見られているよ
そんな妄想 浮かべただけで
恥ずかしくなって視線逸らした
ロマンスお預け
魔法が解けた

星空カフェでもっと話そう
思ったよりも明るいんだね
月の光に照らされながら
もう少しだけ帰りたくない

青空カフェでもっと話そう
缶コーヒーを そう飲みながら
緑の風に吹かれていよう
蝉の声さえ忘れるくらい
心を許した
時間の魔法
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:青空カフェ 歌手:AKB48

AKB48の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2014-01-22
商品番号:KICS-3014
キングレコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP