着流し小唄

この曲の表示回数 5,502
歌手:

渥美清


作詞:

星野哲郎


作曲:

米山正夫


一日一度は仲見世を
雪駄鳴らして 歩くのが
生き甲斐なのさ あいつには
昔流行った 六区の唄を
肩をゆすって 口ずさむ
着流し姿が いかすじゃないか

恋はやさしい ボッカチオ
ベアトリ姐ちゃん トチチリチン
エノケンロッパ 田谷力三
どうせ親父の うけ売りだろが
やつが唄えば なんとなく
三文オペラの 匂いがするぜ

観音さまの 鳩ぽっぽ
言問橋の 都鳥
幼なじみさ あいつには
下にやさしく 上にはつよい
男臭くて 義理堅い
べらんめことばが うれしいじゃないか
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:着流し小唄 歌手:渥美清

渥美清の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997-10-22
商品番号:CRCN-40510
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP