雨が降る靴

この曲の表示回数 4,679
歌手:

加藤いづみ


作詞:

木嶋浩史


作曲:

木嶋浩史


この靴をはく日には
決まって雨が降るのね
It's sad rain
にじんでく信号が
迷子の心写しだしていた

もう終わりさ 昨夜(ゆうべ)の彼の言葉
今も背中にささったままなのに

雨が降る靴をはき
今夜をどうしよう
誰よりも何よりもアナタは近過ぎた
信じてた夢見てた 互いの痛みさえ
分けあえるような そんな日を

この靴をおろした日
二人で夕立ちの中を
走ったね
左手に靴を持ち
右手はあなたの腕にからませた

雲が流れた その瞳の奥は
きっと私より 遠くを見てたのね

雨が降る靴をはき
心をどうしよう
やるせなく傘もなく 夜に流されてく
信じたい夢見たい いつかはこの靴に
笑顔が映る そんな日を

雨が降るくつをはき
ひとりで街をゆく
弱かった震えてた私に手を振って
信じてる夢見てる いつかはこの靴で
青空を蹴る そんな日を
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:雨が降る靴 歌手:加藤いづみ

加藤いづみの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1991-05-20
商品番号:PCCA-257
ポニーキャニオン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP