試聴する

紅の蝋涙

この曲の表示回数 2,908
歌手:


作詞:

ASAGI


作曲:

Tsunehito


突き刺さる炎の矢は引き抜かれ
乾いた身体へと血が巡る

窓へと積もる雪 遠ざかる春の夜
音無き白い世界を血が染め
炎に包まれし赤子は目を開く
未来を見据えるような眼差し

生まれながらにぬくもりを知らない私が
人の心を知る必要がどこにあるのか

母の呟きが谺している
太陽と引き換えに得た永遠
不死なる我らが安息の日を
望めど虚しき灯火かな

もしも私が光の下生まれていたら
どんな風に人を愛し心を震わせたのだろう
少しだけでもそんな想い出があったなら
私だって強がらずに泣くこともできたのに

生まれる理由 すべては誰にも選べない
けれど私はこの世で生きることを選んだ

母は朧げな記憶の中
私は答えを聞けずにいる
幾度となく呼びかけてもただ
無言の悲しき姿が在った

もしも私が光の下生まれていたら
どんな風に人を愛し心を震わせたのだろう
少しだけでもそんな想い出があったなら
私だって強がらずに泣くこともできたのに

私にはまだあなたが必要だったけれど
もう逢えない そう思えば想うほどに恋しい
なぜ永遠じゃないの?

消えども火在りし故にまた燃ゆ
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:紅の蝋涙 歌手:D

Dの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2013-08-28
商品番号:VIZL-575
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP