PLATINA LYLIC 

試聴する

バースデー

この曲の表示回数 276,699
歌手:

back number


作詞:

清水依与吏


作曲:

清水依与吏


嘘をついてる事も 我慢してる事のひとつに なるのかな
嘘でも愛しているって 言っても喜んでくれたなら いいのかな
一体僕の手は 何を守っていたんだろう?

人の心は見えないし 見えた所できっと悲しい
愛想笑いは無くなるけど たぶんドラマも無いな

時には優しい嘘が 真実よりも重宝されて
誰かを救う事もあるから 仕方がないかな

理由をつけては 自分を棚に上げ
腐ってゆく心に蓋を しめて笑ってた

今日新しい 自分を始めよう
明日になって こんな気持ちが ごまかされちゃう前に
全部無駄にした そう思っていた
偶然の出会いだって 駄目な日々だって
大事なものにまだ 変えられるはず

わかっててズルをして わかってて人を傷つけて
自分の事は見て見ぬ振り できやしないのに
案の定誰よりも 近くで見てた僕の心は
蓋を開けたら もうなくなってた

もうあの頃の汚れを知らずに 輝いてた少年は死んで
ここにいないから

今日新しい 自分を始めよう
明日になって こんな気持ちが ごまかされちゃう前に
全部無駄にした そう思っていた
偶然の出会いだって 駄目な日々だって
大事なものにまだ 変えられるはず
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:バースデー 歌手:back number

back numberの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2013-06-26
商品番号:UMCK-5434
ユニバーサル シグマ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP