試聴する

夏の終わりとカクテル光線

この曲の表示回数 8,436
歌手:


作詞:

三島想平


作曲:

cinema staff


少年は夢を見る。
歌う様に踊る様に。
下校の鐘が鳴っても、泥だらけになっても、
カクテルの光線を夢見て笑っている。

一際小さな身体で一際大きな声を出す。

この青い空の下であなたは輝いて、
まるで向日葵の様に両手を広げた。
涙さえも飲み込んで、それでもまだ追いかける。

少年は夢を見る。
数字の無いユニフォームを綺麗に畳んで。
グラウンドの外側から一番大きな声を出す。

この朱い空の下で伸びた君の影。
まるで向日葵の様に誇り高い姿。

…今日で夏が終わるなんて誰が決めたというのだろう?
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夏の終わりとカクテル光線 歌手:cinema staff

cinema staffの新着情報

  • 熱源 / ♪いつかどこかでそのうち
  • pulse / ♪そう壊した積み上げた予防線
  • souvenir / ♪長い通りを抜け四つ角を左へ
  • メーヴェの帰還 / ♪少女は言うほら間違えた
  • 波動 / ♪夢の中あなたの声

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2013-05-22
商品番号:PCCA-3823
ポニーキャニオン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP