北上川

この曲の表示回数 12,061
歌手:

千昌夫


作詞:

白鳥園枝


作曲:

千昌夫


たゆまぬ流れ 岸の風
変わらぬ流れ 今もなお
月日はめぐりて 立ちつくす
北上川に なやみごと
口笛吹いて まぎらした
少年の日の 夕陽影(ゆうひかげ)

悲しい日には 泣きに来た
ささいな事は 気にするな
勇気をもらった この岸辺
北上川は 滔々(とうとう)と
千年そして 二千年
少年の日の なつかしさ

明日(あした)にかける 夢を抱き
希望の灯り 点(とも)しつつ
思い出大事に 生きる日々
北上川は 悠久の
栄枯を写し 流れ行く
少年の日の 夢はるか
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:北上川 歌手:千昌夫

千昌夫の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2013-02-06
商品番号:TKCA-90526
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP