試聴する

Vanilla

この曲の表示回数 21,546

間違っていた答えは間違ったままで
いつか普通の顔してまた次の春がくる
数え切れないほど失くしたけれど
本当に欲しいものはただ一つだけだった

死んだように冷たいキッチンの床に
落ちるただのゴミくずを見間違えた僕は
何をまだ待ってて思い出して
書き殴って破り去っている?
何を追いかけて部屋を出て
また戻って繰り返している?

狂えない 狂えない
狂ってしまえない
どんなに寂しくても

記憶が散らばって居場所のない部屋と
これ以上使い道のなくなった言葉
全てのきっかけが君だったことを知って
こんな日々にさえ見放された僕は

何をまだ待ってて思い出して
書き殴って破り去っている
何を追いかけて部屋を出て
また戻って繰り返している

壊せない 壊せない
壊してしまえない
また同じ朝が来る

狂えない 狂えない
狂ってしまえない
くだらない僕は

許せない 許せない
許してあげたい

あの頃の僕たちを
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Vanilla 歌手:ハルカトミユキ

ハルカトミユキの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2012-11-14
商品番号:PECF-3030
H+M records

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP