試聴する

風やまず

この曲の表示回数 65,500
歌手:


作詞:

久仁京介


作曲:

徳久広司


岩手山から のぞめば遥(はる)か
南部盛岡 おれの郷(さと)
裸ひとつで この世に生まれ
夢に向かえば 苦労が荷物
決めた道でも 迷うけど
行(ゆ)けばわかるさ その先は

馬鹿をする時ゃ 死ぬ気でやって
悔いを残さず 歩きたい
丸くなるほど 揉(も)まれた命
意地を捨てずに ここまできたが
惚れていながら つらくする
女房(おまえ)ひとりが 気にかかる

街をうるおす 北上川も
流れ果てない 幾(いく)十里(じゅうり)
腹をくくった 男の値打ち
歩き終れば その時決まる
今日もあしたも この人生
南部おろしの 風やまず
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:風やまず 歌手:福田こうへい

福田こうへいの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2012-10-24
商品番号:KICM-30471
キングレコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP