鼎の問

この曲の表示回数 31,156
歌手:

BRAHMAN


作詞:

TOSHI-LOW


作曲:

BRAHMAN


誰かを庇った姿のまま
肩に落とした小降りの雨
何か話しかけては無音のまま
拙く耐えた五分後には

街中の灯が落ちて
握る手に残された
今この世界
何度目の秤に乗せた鼎の問

誰かを押しのけ連れて行くの
剥ぎ取り奪い逃げて行くの
笑顔で答えた糸も切れた
桃源郷と理想は消えた

参道に影はなく
祈る手に血の滲む
怒りを見せて何度でも
軽さに溶けた鼎の問

街中の灯が落ちて
握る手に残された
参道に影はなく
祈る手に血の滲む

街中の灯が灯り
参道に人溢れ


目の前の何度目の
祈りを超えて何度でも
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:鼎の問 歌手:BRAHMAN

BRAHMANの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2012-09-05
商品番号:TFCC-89395
トイズファクトリー

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP