コハクノソラ

この曲の表示回数 36,644
歌手:

10-FEET


作詞:

TAKUMA


作曲:

TAKUMA


何処にでもある話 ひとしきり降り 雨は止んで
素朴な悔いは頬の赤色を空へ 寂しさも忘れた

そして時は流れ 賢くなって 晴れた空はぎこちなく見えて
僕は気づき始めてた 響きの消えゆくを

青白い霧雨の朝 見過ごしてきた安らぎの
言葉だけを信じれば 悲しみも喜びも増えたのに

ああ間に合えば ああ間に合えば 少し話せたなら 笑えたなら ああ
ああ間に合えば ああ間に合えば 最後に少しだけ

そこに行けば何か解る気がした
そんな真っ赤な季節の想いが僕をやっと独りにした 轍を辿ってみた

季節巡って記憶を越えて今日と明日 よそよそしい日々を
過ごすだけ 白い朝 同じ夢 人恋しさが導べ

言葉だけを信じれば 悲しみも喜びも増えたのに

ああ間に合えば ああ間に合えば 少し話せたなら 笑えたなら ああ
ああ間に合えば ああ間に合えば 最後に少しだけ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:コハクノソラ 歌手:10-FEET

10-FEETの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2012-09-19
商品番号:UPCH-20283
NAYUTAWAVE RECORDS

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP