試聴する

小説家

この曲の表示回数 7,126
歌手:


作詞:

三島想平


作曲:

cinema staff


故郷には雪がちらついていると聞いた。

僕はと言えばまだ暗い部屋の中。

筆を止める、は迷いか否か。いつかの幻のせいか。

情けないとも分かっちゃいるが、

身体は眠ったまま動かない。動きたい、動けない。

最終形を無くしたストーリー。

そんなものが見たい奴は当然いないな。

故郷に積もった雪はすぐ溶けたらしい。

僕はと言えばもう覚悟をきめて、捨てること、残すことを考えていた。

最終形を望んだ向こうにかなしみが残ってもしょうがないな。

完成形を目指したストーリー。

拾い集めた原稿と汚れたこの手で。

最終形を無くしたストーリー。

そんなものが見たい奴は当然いないな。

完成形をめざしたストーリー。

雪がほんの少し積もる街の話。
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:小説家 歌手:cinema staff

cinema staffの新着情報

  • 熱源 / ♪いつかどこかでそのうち
  • pulse / ♪そう壊した積み上げた予防線
  • souvenir / ♪長い通りを抜け四つ角を左へ
  • メーヴェの帰還 / ♪少女は言うほら間違えた
  • 波動 / ♪夢の中あなたの声

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2012-09-05
商品番号:PCCA-3652
ポニーキャニオン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP